松下 誠子「中庭の束縛」展(終了しております)

2024年2月2日(金)〜 2月25日(日)

“Sisters” 2015年
紙に木炭、写真
charcoal and photo on paper
330×485mm

 フジギャラリー新宿では、2024年2月2日(金)より2月25日(日)まで、松下誠子のドローイングを一挙に紹介する「中庭の束縛」展を開催いたしました。

 

松下誠子は、1990年代のセメントの球体と鉄を用いたインスタレーションに始まり、クチバシのオブジェやパラフィン紙のドレス、羽根やワックス、そしてフェルト生地を使った立体作品、パフォーマンス、アニメーション、写真など、しなやかに素材や表現方法を変えながら日本はもちろん、世界各国で作品を発表してきたアーティストです。ありふれた異常に満ちた社会とその中で生きる人間、とりわけ女性の脆くて傷つきやすくも強靭な内面を豊かに表現しています。

 

長い制作活動の源流とも言えるドローイングの数々は、人間の深部を洞察してきたアーティストが抱く人のイメージを繊細かつ大胆に描き出した作品ばかりです。

 

 

 

Fuji Gallery Shinjuku is pleased to announce that Seiko MATSUSHITA’s solo exhibition “Shackled to the Courtyard” was held from Friday 2nd until Sunday 25th of February 2024 in which she will show mainly drawings. 

 

Starting with installations using cement spheres and iron in the 1990s, Seiko MATSUSHITA has been showing her works in Japan and around the world, flexibly changing materials and methods of expression, such as beak objects, paraffin paper dresses, three-dimensional works using feathers, wax, and felt fabric, performance, animation, photography, and more. Each artwork richly expresses societies filled with commonplace anomalies and the fragile, vulnerable yet resilient inner lives of the people, especially women, who live there.

 

The drawings, which can be seen as the origin of her long career as an artist, are a delicate and bold depiction of the human image that Matsushita has held as an insight into the depths of human nature.

 

 

 

「枕 – 造園」1998年

(Pillow – Landscaping)

水彩/watercolor

315×440mm

眠りの儀式」2009年

(Sleep Ceremony)

紙に木炭/charcoal on paper

330×485mm

「今日の仕事」2014年

(Today’s Work)

紙に木炭、パステル、写真

charcoal on paper, pastel, and photo

330×485mm

 


松下 誠子「中庭の束縛」展

  • 会期:2024年2月2日(金)〜2月25日(日)
  • 時間 :10:00-18:00
  • 休廊日:月曜日
  • 会場:フジギャラリー新宿
    (ヒルトン東京B1F / ヒルトピア インフォメーションセンター/スペース32併設)
  • フジギャラリー新宿アクセスについて

アーティスト・ステートメント/Artist’s Statement

ようやく足を止めることが出来たので、自分の中に中庭をつくってみる。外への出口がない中庭だが、時間の振幅は詰められる。ずうっと以前に描いたドローイングと向き合うためであって、たとえそれが主観的な愛着が強く作用するとしても、忘れてしまったプロセスを思い起こし、新たな物語を発見するのにはちょうどいい。テーマが合わなくて展示をしなかったものもあるが、ただ描くためだけに描いたものがある。その中庭で、自分を自分で包んでみた時にでる余剰のようなものに出会えるだろうか。出会えたら中庭の束縛を破って外への出口をつくろうと思う。

I've been making artwork for a long time, and now I finally have the time to pause in my progress and try to create a courtyard inside myself. There is no exit to the outside in that courtyard, but the time that flows through it is concentrated. The courtyard is the place to confront my previous drawings. It is just right to recall forgotten processes and discover new stories, even if subjective attachments strongly influence these. Some were not exhibited because they did not fit the theme, but others were drawn just for the sake of drawing. In that courtyard, will I find the type of surpluses that arise when I accept myself? When I find them, I will create an exit to the outside by breaking the shackles of the courtyard.

「死者の鳥」2012年
(Bird of the Dead)
紙に木炭、写真/charcoal and photo on paper
300×240mm

“To be to be 2“ 2015年
紙に木炭、パステル、写真
charcoal, pastel and photo on paper
330×485mm


松下誠子について

北海道函館市出身、神奈川県在住。

共立女子大学卒業後、金工を学ぶ

 

〈主な個展〉

2023   落下する玩具 ― 良心をさがして(太郎平画廊/東京)

2022 Mother’s Voice-Images for the animation(ALELIER・K/横浜)

2021 燃えるスカート(UMAKART Gallery/ブルノ/チェコ)

      不可侵のパラフィンドレス・リボンのキャンペーン(学習院女子大学文化交流ギャラリー/ 東京) 

2022 家の舌(RED AND BLUE Gallery/東京)

2018 革命前夜2 - 風景が変わる時(RED AND BLUE Gallery/東京)

2017 Gun-zo(Gallery Hasu no hana/東京( 2014 赦される庭 )

2016 Security Blanke(パフォーマンス&インタビュー)( ギャラリー・ルデコ/東京)

2014 わたしの中の異物 - ヴァイオレンス(東邦画廊/東京)

2012 わたしの中の異物(双ギャラリー/東京)

2010 INNER - 彼女は自分の事で忙しい(Soh Gallery K3/東京)

2002 Security Blanket(パフォーマンス&インタビュー)(アート・ポジションズ/マルセイユ/フランス)

2001 Zone of Retardation(ギャラリー・モニカプレス/ドイツ)

      Security Blanket(パフォーマンス&インタビュー)(ケルン アルトシュタッド/ドイツ)

2000 Self Portraits(アンザイアート・オフィス/東京)

1999 ガレリアキマイラ/東京

1998 遅滞(ギャラリー・クラマー/東京)

1997 微妙な消息(インフォミューズ/東京)

1994 球に向かう瞬間の中有(ギャラリー日鉱/東京)

1992 微笑(ギャラリーK /東京)

 

〈主なグループ展〉

2023   Summer Exhibition 2023(Galleri Heike Arndt DK/ケティンゲ/デンマーク)

   あなたが眠りにつくところ(ジョイス・ラムと二人展)(藤沢アートスペース/神奈川)

   Women’s Lives 女たちは生きている(さいたま市プラザノースギャラリー/埼玉)

2022 Galleri Heike Arndt/ベルリン&ケティンゲ/ドイツ&デンマーク

2021 Loop展(工房親/東京)

      Das Fremde in der Isolation - 孤立のストレンジャー(Hall Zollstock/ケルン/ドイツ)

2019 彼女たちは叫ぶ、ささやくーヴァルネラブルな集合体が世界を変える(東京都美術館)

2017 本当のことは言わない(HAGISO/東京)

2015 HOSPITAL ART(Hasu no hana/東京)

2013 秘境を求めて(洞窟現代/神奈川)

      五人展(東邦画廊/東京)

2012 ART田ノ島39(野外展/豊橋)

2010 双ギャラリー25周年記念展(Soh Gallery K3/東京)

2006 Art Full アート湧くはけの森(小金井市立はけの森美術館/東京)

2001 Belle de jour(アーヘン/ドイツ)

     Zalzmannbau(デュッセルドルフ/ドイツ)

1999  Zoomo, Stadtische Kunstsammlung Escweiler(エシュバイラー/ドイツ)

1998 Tokyo Rooms(ギャラリー アーティクル/ケルン/ドイツ)

1996 Nature-Material and Image(アートハウス美術館&エンハロット美術館/イスラエル)

1995 褄恋芸術祭(野外展/褄恋高原)

1992 方法作家会議国際交流展(ソウル市文化芸術振興院/韓国)

     SEISEI(チョンオンギャラリー/釜山/韓国)

 

About Seiko MATSUSHITA

Born in Hakodate City, Hokkaido, and lives in Kanagawa Pref.

Graduated from Kyoritsu Women’s University

Learned metalworking.

 

〈Selected Solo Exhibitions〉

2023 In Search of Conscience - Falling Toys(Tarohei Gallery, Tokyo)

2022 Mother’s Voice-Images for the animation(ALELIER・K, Yokohama)

2021 Plamenné sukně(The Flammable Skirts)

     (UMAKART Gallery/Brno/Czech Republic)

     Inviolable Paraffin dress-Ribbon Campaign

     (Gakushuin Women’s University Cultural Exchange Gallery, Tokyo) 

2022  Home Tongue(RED AND BLUE Gallery, Tokyo)

2018  The Eve of Revolution 2 - When the Scene Changes

     (RED AND BLUE Gallery, Tokyo)

2017  Gun-zo(Gallery Hasu no hana, Tokyo )

2016  Security Blanket(performance & interview)(Gallery Le Deco, Tokyo)

2014  Foreign Objects Inside Me - Violence(Toho Gallery, Tokyo)

2012  Foreign Objects Inside Me(Soh Gallery, Tokyo)

2010  INNER – She is Busy for Herself(Soh Gallery K3, Tokyo)

2002  Security Blanket(performance & interview)(Art Positions, Marseille, France)

2001  Zone of Retardation(Galerie M. Presse, Solingen, Germany)

     Security Blanket(performance & interview)(Koln Altstadt, Germany)

2000  Self Portraits(Anazai Art Office, Tokyo)

1999  Galleria Chimera, Tokyo

1998  Retardation(Gallery Kurama, Tokyo)

1997  Receptacle-Profound Tidings (Gallery Informuse, Tokyo)

1994  The Existence of the Impulse Facing the Circle(Gallery NIKKO, Tokyo)

1992  Smile(Gallery K, Tokyo)

 

〈Selected Group Exhibitions〉

2023 Summer Exhibition 2023(Galleri Heike Arndt DK,  Kettinge, Demark) 

     Where you fall asleep, two-person exhibition(Fujisawa City Art Space, Kanagawa)

     Women’s Lives - Saitama City Project(Saitama City North Gallery, Saitama) 

2022 Galleri Heike Arndt(Berin, Germany and Kettinge, Demark)

2021 Loop beyond Art(Art Gallery CHIKA, Tokyo)

     Das Framed inder ls Isolation(Halle Zollstock, Koln, Germany)

2019 The Shouts and Murmurs of Women - The Vulnerable Collective Will Change the World

     (Tokyo Metropolitan Art Museum)

2017  Not Saying the Truth(HAGISO, Tokyo)

2015  HOSPITAL ART(Hasu no hana, Tokyo)

2013  Seeking for Undiscovered(Dokutsugendai, Kanagawa)

     5 Exhibition(Toho Gallery, Tokyo)

2012  ART Tanoshima 39(open air exhibition, Toyohashi)

2010  The 25th Anniversary Exhibition(Soh Gallery K3, Tokyo)

2006  Art Full (Koganei City Hakeno-mori Art Museum, Tokyo)

2000  One Minute World Festivals(animation)(Sao Paulo, Brazil)

2001     Belle de jour(Atelierhaus Suesterfeld, Aachen, Germany)

     Zalzmannbau(Dusseldorf, Germany)

1999  Zoomo, Stadtische Kunstsammlun(Eschweiler, Germany  )

1998  Tokyo Rooms(Gallery Article, Koln, German)

1996  Nature-Material and Image

     (The Artist House Jerusalem & The Ein Harod Museum of Art,   Israel)

1995 Art Festival in Tsumakoi Kogen(open air sculpture)

     (Tsumakoi Kogen, Gunma Pref.)

1992 Korean Culture Foundation Fine Art Center, Seoul, Korea

     SEISEI(Chonon Gallery, Korea)

 

フジギャラリー新宿へのアクセスについて

西新宿のヒルトン東京B1Fにあります「ヒルトピアツーリストインフォメーションセンター/スペース32」内にギャラリースペースがございます。

お越しの際は下記画像「東京観光案内所」のマーク、ヒルトピア フロアマップの32を参考にお越しください。

 

 

ご来場の際のお願い

*マスクの着用と、入場前に手のアルコール消毒のご協力をお願い申し上げます。

*発熱や咳等の症状があるお客様はご来廊をご遠慮くださいますようお願いいたします。

 

ギャラリー内感染予防対策について

・換気を行ないながら営業いたします。

・スタッフは手洗いや手指の消毒をし、マスク着用でご対応致します。

・お客様がお手を触れる場所の消毒を行います。

 

展覧会開廊日と時間について

・今後の状況により営業時間の変更や、やむを得ず休廊となる場合がございます。

最新情報は随時ウェブサイトにてお知らせいたしますので、ご来場前にご確認をお願い致します。